慢性の肩こり腰痛なら山梨・南巨摩郡・富士川町の愛気整体院へ・リラクゼーション・五十肩・ぎっくり腰・慢性痛

こんな症状の方が来院

ご予約はこちらへどうぞ→0556-22-0564

こんな症状の方が来院   ~山梨南巨摩郡の愛気整体院~   

 
愛気整体院では、決して治したりしません。それは、お客様の中に存在する自然治癒力を尊重するからです。お客様自身に動き、感じてもらいお客様に治していただきます。主人公はお客様です。

山梨南巨摩郡富士川町慢性肩こり腰痛

慢性的な肩こりの方

当院では、まずお客様の全体を診てから施術を行ないます。
パソコンで肩こりのKさん、両肩を上げると痛みがでます。足にはむくみ。両膝を上げてもらうと右の膝をあげると腰痛が右の腰に出ました。まず左足の膝下からアプローチしました。すると腰の痛みがとれました。両方の肩を上げると少し楽に上がりました。右の肩にアプローチすると腰と肩の痛みがとれました。最後にうつ伏せで左足にアプローチして修了しました。次回の予約を取られて帰られました。

頚椎椎環板ヘルニアの方

ヘルニアとは、本来の場所から組織の中身や臓器が飛び出すこと。頚椎ヘルニアとは、頚椎の椎間板にヘルニアが発生する病気です。椎間板は、本来水分に富んだ組織で、椎骨と椎骨の間にはさまり、柔軟に形を変えることで、骨の衝撃を少なくしています。椎間板も年をとると水分が少なくなり、薄く硬くなり、組織の外側を「線維輪」の亀裂が生じやすくなり、その中身の髄核が飛び出してしまうことがあります。これが椎間板ヘルニアです。この症状が頚椎に発生すると頚椎ヘルニアになります。

(星川吉光著、スーパー図解くび・肩・背中の痛み 抜粋)

愛気整体院ではこの様なお客様の場合、まず足からアプローチします。次に肩の方から調整して、痛くないように動かしていきます。お客様の体を尊重して、直接患部に触るよりも安全だからです。ヘルニア部分に熱をもっていることもあるので、氷により冷やすことも、場合より行ないます。そして最後に頭を調整してからだを整えます。 

五十肩の方

中年以降になるとよく聞くのが方が痛くて上げられないという症状。五十肩とよく言われます。本当の名は、肩関節周囲炎といいます。五十といっても40代後半から60代までにみられる病気です。五十肩は突然に激しい痛みをことで発症する例が多く、急激な痛みのあと数日間でおさまるのが普通です。それに伴い肩を動かせる範囲も決まってきて、長期間肩を動かそうとすると、痛みに襲われることが大きな特徴です。

山梨富士川町慢性痛は愛気整体院

(星川吉光著、スーパー図解 くび・肩・背中の痛み 抜粋)

このようなとき愛気整体院では、まず手や肩、腕の可動範囲、首、可動範囲、また腰にも腰痛などの異常がないかチェックします。そしてまず足や腰からアプローチしていきます。

首肩の痛みということでお出での富士川町ないのSさん、ロボットのようになってしまったとお困りです。両腕を動かすと下ろす時に痛いそうです。首を動かすと左にねじれるが、右にねじれないとのこと。まずは首のつけねにアプローチしました。すると少し回しやすくなりました。やや熱感があったので首の後ろを氷で冷やしました。それから頭を両手で支えてさまざまな方向へ動かしました。右腕が外に回せると言うので、手をゆっくり外にひねっていただきました。するとさらに首や肩の動きがよくなりました。もちろん次回の予約を取られて帰られました。

腰部椎間板ヘルニアの方

先程の頚椎椎間板ヘルニアの症状が、腰部の腰椎に発症したものを言います。
この様なお客様の場合、愛気整体院ではお客様によく問診をした後、動診をし、足や、頭、背中からアプローチします。最後に腰にアプローチします。熱がある場合もあるので、場合によっては氷で冷やすこともあります。その後、立ち位置などからだのバランスのとりかたなどを指導します。

ぎっくり腰の方

一般的には腰椎に急激な力が作用したためにおきる症状と考えられています。外力により関節が本来曲がる角度以上に曲げられたことで、靭帯や筋膜(筋肉を包む膜)が炎症を起こすものと考えられます。

(柳本繁著 腰・膝の痛みを解消する 抜粋)

愛気整体院では、ぎっくり腰に対して、いきなり腰にアプローチせずに、足や腕からアプローチします。そしてここち良くリラックスしていただきます。

慢性的な腰痛の方

慢性的な腰痛の方の中には、病気ではないのに腰痛を持っていらっしゃる方がいます。レントゲン、MRIなどの検査をしても、異常なく、腰に漠然とした不快感が強くなったり、弱くなったりを繰り返しながら長く続く腰痛です。運動不足や悪い姿勢、仕事やスポーツなどの疲労や精神的なストレスなども関係しています。

(柳本繁著 腰・膝の痛みを解消する 抜粋)

山梨整体慢性肩こり腰痛

腰の中心部分の腰痛のKさんの場合、横向きになってもらい左腕からアプローチして全身を動かしました。次に仰向けになってもらい右足を動かしてもらい全身の調整をしました。この時点で腰痛がなくなっていました。最後に全体を揺らしてリラックスしていただきました。

右足しびれのあるFさんの場合、当院ではまず座った位置から右足を伸ばしてもらい膝にアプローチしていきます。次にひたいと首にアプローチしました。そして最後に親指にアプローチしました。右足のしびれも腰痛もなくなっていました。アフターケアも教えて修了しました。もちろん次回の予約もとられて行かれました。

右の腰に1ヶ月前から腰痛を感じていらしたOさんの場合。
腰痛解消のため押し車でリハビリをしていたそうですが、一向にかいぜんせず、当院にいらっしゃいました。

まず座ったまま、片足ずつ膝を挙げて検査しました。
すると右の膝を挙げると右の腰に痛みが出ました。
と言うことで逆に痛みの出ない左膝からアプローチしました。
また検査すると痛みのあった右の腰の痛みが無くなり、右の膝が上に上がりました。
「あっ、最初と全然違う!もっと早く来れば良かった!」とお客様。
お客様に感謝です。

股関節痛の方

左足股関節痛の方が来院されました。農作業で膝が上がらず、足の筋肉が痙攣してしまうとのこと。まず左足に抵抗を加えアプローチ。次に左足の膝下にアプローチすると、いい気持ちですと眠ってしまいました。帰りに当店自慢の重曹入りジュース(熱中症、痙攣に効きます)をサービスすると、にこにこ帰っていかれました。

変形性膝関節症の方

膝関節にかかる衝撃を和らげるクッションとして働く関節軟骨が磨耗し、膝関節内の骨膜が炎症をおこす病気です。原因の多くは加齢に伴う関節組織の劣化が多く、関節内にばい菌が入って発症することもあるそうです。

山梨富士川町の変形性膝関節症愛気整体院

(柳本繁著 腰・膝の痛みを解消する 抜粋)

愛気整体院では、このような変形性膝関節症のお客様に対して、腕や足の指からまずアプローチします。これは、膝に熱感を持っているお客様もいらっしゃるからです。ですから、氷などで膝を冷やす場合もあります。のちに膝関節を両手でアプローチします。

睡眠不足や更年期障害の方

更年期障害による自律神経の乱れや睡眠不足の方の場合、愛気整体院では、まず足からアプローチします。気の流れを下に向けさせます。次に、腕や手のコリを探しアプローチします。この時点で眠ってしまう人や体が動き出す人もいらっしゃいます。最後に、首すじに優しくアプローチします。

肩こり、腰痛、慢性痛で、山梨の整体をお探しなら

愛 気 整 体 院へ

電話 0556-22-0564

住所 山梨県南巨摩郡富士川町青柳町681

 

 

 
    

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional